口呼吸

生理的な呼吸は鼻呼吸です。いくつかの研究によると、人口の約55%が口呼吸していると言われています。 そのうち20%は、事故などで鼻中隔が変形したことが原因となったケースで、残りの80%のうち、舌の機能不全も一つの要因と考えられます。このタイプの呼吸は、頭蓋顔面の成長の変化、感染症、姿勢の問題、神経学的または循環器系に影響を与えるなど、多くの障害を引き起こす可能性があります。しかし、最も注意するべきことは、集中力や警戒心、日常的な認知感覚に影響を与えているという点です。