口呼吸や口蓋の狭さは姿勢に影響します。実際、口呼吸は舌の位置が低く、張力が弱く、結果的に咽頭が狭くなることと関連しています。正しい呼吸をするために、馬が首を動かすように前方、上方へと、修正することにより、この狭さを補う必要があるのです。

このような姿勢は1920年には早くもピエール・ロビン博士によって記述された典型的なグロッソプトシス(舌下垂症)です。

説明

口から息を吸うと、低位置にある舌が張力を崩して咽頭の直径が小さくなり、喉を通る空気の通過が制限されます。この狭さを補うために、睡眠中や日中の口呼吸は、頭を前傾させたり、上向きにしたりするなど、姿勢を変えさせます。

結果

長期的には、口から呼吸をする人は、前かがみの姿勢が持続します。この頭の位置を補い、身体のバランスを整えるために、身体は湾曲した状態になり、胸が沈んでお腹が前に出ているのが特徴です。

“頭からつま先まで筋肉の鎖で繋がっているため、舌も全身の姿勢に影響を与えます。”

舌と姿勢に関する情報をもっと知りたい方は、口腔顔面専門のオステオパシーと理学療法士であるヴァンプル氏の記事をご覧ください。