影響

 

私たちの口の中では、歯は、一方で舌、もう一方で唇や頬という力のバランスの間に生えています。舌が機能不全であったり、正しく位置できない場合、力のバランスが乱れます。このバランスの崩れが原因で、下記のような歯のトラブルが発生することがあります。

舌は、いわゆる「上部」の気道の分岐点にあります。舌の様々な機能不全または悪い位置は、空気の通路を乱すことになります:口呼吸、耳鼻咽喉系の病理学、いびき閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)。

またその先には、舌がいくつか姿勢の問題にも関与していることがわかっています。

Section suivante

歯の問題

舌機能不全は、口腔内の力のバランスを崩し、様々な病理を引き起こすことになります。歯並びが悪く噛み合わせが悪いと、虫歯や様々な口腔内炎症や歯周病の原因になったり、また歯茎が退化し歯が動き出すこともあります。さらに、これらの機能不全は、歯列弓の形状と機能、口蓋、最終的に顔の調和的な成長に影響を与えます。

Section suivante

口呼吸

生理的な呼吸は鼻呼吸です。いくつかの研究によると、人口の約55%が口呼吸していると言われています。 そのうち20%は、事故などで鼻中隔が変形したことが原因となったケースで、残りの80%のうち、舌の機能不全も一つの要因と考えられます。このタイプの呼吸は、頭蓋顔面の成長の変化、感染症、姿勢の問題、神経学的または循環器系に影響を与えるなど、多くの障害を引き起こす可能性があります。しかし、最も注意するべきことは、集中力や警戒心、日常的な認知感覚に影響を与えているという点です。

Section suivante

睡眠呼吸障害

舌が後方に位置する場合、舌機能不全に関係します。気道と消化器の分岐点を妨げ、咽頭の狭窄につながります。また、寝ている間は舌筋肉の張力が悪くなります。これら2つのパラメータは、上気道の部分的または全体的な崩壊を引き起こし、それぞれいびき、低呼吸または睡眠時無呼吸を引き起こし、社会的および病理学的に重大な結果をもたらす可能性があります。